女性たち

業務形態やシステム連動性を重視!ワークフローの正しい選び方

日本製か海外製か

チャット

業務を遂行するのは、個人で動くことが多い場合もあります。ですが、業務上でトラブルが起きたり、誰かと連携しての作業を行なう際には、密なコミュニケーションが必要になるときもあります。誰かと連携を取って仕事をする場合は、作成した資料の共有をメールで済ましてしまうことが多くなるでしょう。メールなら添付機能を利用して特定の相手に資料データを送信することが可能になるでしょう。しかし、資料データの容量によっては、エラーで戻ってきてしまうこともあります。できるだけ、データの容量を圧縮してから添付しなければなりません。また、人に質問するという行為は、いちいちほかの人に聞きに行くという手間が生じてしまいます。人に直接聞くのは、決して悪いというわけではありませんが、時と場合によっては聞きに行くのを控えた方がいいこともあります。ビジネスで起こりうる事態を未然に防ぎたいと思ったら、チャットツールを利用するのがおすすめです。チャットツールなら、共有する予定のデータの容量を気にせずに特定の相手に送信することができます。それに、質問したい相手が他のスタッフと軽いミーティングしている最中であっても、聞きたいことをメッセージで残せます。ほかの人の業務に支障をきたすことなく簡単に不明点を聞き出せるのは確かといえます。利便性の高いチャットツールを導入するなら、できるだけ多くのツール情報をかき集めましょう。日本製のものから海外製のものもあるので、使い勝手の良さや不具合の起きにくさをメインに探していきましょう。